中古複合機におけるスポット保守契約

中古複合機におけるスポット保守契約

中古複合機のメンテナンスをメーカーに依頼するときには保守契約を結ぶことになります。多くのメーカーではカウンター保守契約、コピーキット保守契約、スポット保守契約の三種類がありますが、中古複合機を手に入れたときにスポット保守を依頼するのにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

購入する時点で保守契約の内容を決めておくことになるのが通例なので、予め契約の詳細について理解を深めておきましょう。

目次

1.スポット保守とはどんな契約か

スポット保守とはどんな契約か
複合機のメーカーは自社が提供している複合機の保守契約を行っていますが、その中でも基本的には契約とは様相が異なるのがスポット保守です。

ユーザーとしてメーカーにどの型番とロットの複合機を使っているかを登録することにより、連絡するとその情報に基いてサポートを受けられる仕組みになっています。一般的なカウンター保守やコピーキット保守とは異なり、明確な契約書を交わさないメーカーもあるのがスポット保守契約の注意点です。

スポット保守を依頼したときには特に月々の支払いは必要ありませんが、修理やメンテナンスを依頼したときは全てを実費で支払うことになります。トナーやドラムユニット、修理に必要になったパーツなどは全てメーカーから定価で購入する形になるのが基本です。

トナーやドラムユニットだけ送ってもらって自分で交換することもできますが、技術者に来てもらった場合には技術料金と出張料金も請求されます。定期的に点検に来てくれるサービスもなく、複合機の所有者が点検をして不具合があったときにメーカーに連絡し、日時を合わせて来てもらうという流れでメンテナンスを行うのが一般的です。

スポット保守契約という形で複合機を購入したときに契約してくれるメーカーは少ないですが、保守契約を結ばずにユーザー登録をするを実質的にはスポット保守を受けられるようになる場合もあります。

契約をするだけなら費用はかからず、困ったときに複合機についての情報やオフィスの所在地などを伝えずともすぐに対応してもらえるので、他の保守契約をしない場合にはスポット保守契約をしておくのが無難です。

2.中古複合機でスポット保守を選ぶメリットとデメリット

中古複合機でスポット保守を選ぶメリットとデメリット
中古複合機を手に入れたときにスポット保守を選ぶと自分から発注をしない限りは支払いが一切ないのがメリットです。カウンター保守契約では印刷枚数に比例した費用を毎月支払わなければなりませんが、スポット保守の場合には修理依頼を出したり、消耗品などを購入したりしない限りは費用が発生しません。

コピーキット保守の場合にも毎月の支払いはありませんが、契約時点と契約の更新時点で費用がかかります。契約期間が通常は5年程度と定められているので、その後に更新するときにはトナーの購入費用がかかるというのが基本です。

たとえ印刷枚数が少なくてトナーをほとんど使っていないというときでも契約期間が切れたときに更新するなら支払いが必要ですが、スポット保守であれば一切そのような支払いはないので安心です。しかし、中古複合機でスポット契約をするとデメリットも多数あります。

基本的には修理コストと印刷コストが最も高い契約方法です。故障したときに見に来てもらうだけでも費用がかかり、たとえ部品を交換せずに簡単な調整だけで済んだとしても技術料金と出張料金がかかります

トナーなどの印刷にかかる消耗品も実費で負担しなければならず、カウンター保守契約のように実質的な割引になることはありません。また、修理が必要になったときには自分で手配をしなければなりません。

不具合が起こりそうなのを見越して予めパーツを交換するといった定期的なサービスを受けることはできず、故障したら修理に来てもらえるまでは複合機を使えないことになってしまいます。

このようなメリットとデメリットがあることから、中古複合機を手に入れてスポット保守を依頼するのに向いているのはほとんど複合機を使う予定がないケースです。あまり使わなければ故障してしまう可能性も低く、印刷枚数が少なければ最初のトナーで何年も印刷することができます。

あまりにも古い中古複合機を手配したときにはすぐに修理が必要になることがあるため、スポット保守を依頼すると修理費用がかさんでしまいがちなので注意しなければなりません。

3.中古複合機のスポット保守のまとめ

中古複合機の保守を依頼するときにスポット保守を選ぶと修理依頼をする度に高額な費用がかかります。しかし、カウンター保守契約のように毎月の支払いはないので、あまり複合機を使用しないときにはコストパフォーマンスが高い選択肢です

中古複合機を購入するときには念のため入っておくと良い保守契約ですが、場合によっては頻繁にメーカーを呼ぶ必要があってかなり修理費用がかさんでしまうこともあるので注意しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です